金鳥 Mark3 配布ページ

金鳥Mark3 の利用方法

 

金鳥Mark3 の設定

EA内部でWebRequestを利用しているため、WebRequestを許可してください。(VIXや経済指標の取得に利用しています)
MT4 => ツール => オプション => エキスパートアドバイザー => 「WebRequestの許可をするURLリスト」にチェック
許可URL: http://api.ea-runner.net/

金鳥Mark3 のパラメータ設定

■ 基本パラメータ
Exness以外は基本的にデフォルト設定でかまいません。
Exnessのみゴールドの桁が異なるため下記の値を変更してください。(Pips単位のパラメータはすべて10倍しています。)

Slippage: 100
Max Spread: 100
Take Profit Pips: 150
Step Pips: 150
Take Profit BE Pips: 10
Step Pips After Change: 300

■ Max Lotsの各ブローカーの設定値について

XMスタンダード: 50
XMマイクロ: 100
TitanFx: 50
ThreeTrader: 80
Exness: 20

金鳥 Mark3の特徴

通貨ペア: GOLD(XAUUSD)
時間軸: 1分足
得意相場: レンジ相場
苦手相場: 一方向に極端に動く相場
推奨証拠金: 推奨証拠金やロットはございません。ご自身でバックテストをしたりこのページにあるバックテスト分析(ドローダウン分布ドローダウンランキング)を参考にしてきめていただけますと幸いです。

金鳥Mark3はベースロジックは金鳥ですが、ナンピン幅やロット数の扱いを大きく変更しました。
独自ロジックによりボラティリティが大きくなった場合、ポジションは取らず落ち着いたタイミングでナンピン。
その時のポジションのロット数は通常ナンピンするであろうポジションのロット数の合計になります。

ポジション取りの例

2022年11月4日の雇用統計の日のポジション取りを例にあげます。

Step1


初期ロット0.02です。ボラティリティが無い場合15pipsごとに初期ロットを刻んでいきます。

Step2


相場が一方的に進む場合ポジション取りを回避します。相場が落ち着いたタイミングでポジション取ります。
この場合15pipsごとにポジション取るよりも平均取得単価は有利にはたらきます。

ポジション取り方 合計ロット 平均取得単価 最大ポジション時の含み損
15pips毎に刻んだ場合 0.02, 0.04, 0.06, 0.08, 0.10, 0.12, 0.14, 0.16, 0.18, 0.20 1.1 1634.29 495ドル
金鳥Mark3の場合 0.02, 0.04, 0.06, 0.08, 0.90 1.1 1636.88 210ドル

参考
1625.29: 0.02lot
1638.79: 0.90lot

Step3


0.90を取ったあと、更に15pips動いた場合は、0.22がポジション取られます。
この場合は30pips動いているため、0.22+0.24 = 0.46lotポジションをとっています。

ポジション取り方 合計ロット 平均取得単価 最大ポジション時の含み損
15pips毎に刻んだ場合 0.02, 0.04, 0.06, 0.08, 0.10, 0.12, 0.14, 0.16, 0.18, 0.20, 0.22, 0.24 1.56 1636.29ドル 858ドル
金鳥Mark3の場合 0.02, 0.04, 0.06, 0.08, 0.90, 0.46 1.56 1638.33ドル 540ドル
まとめ

一見急に大きくロットを張るので心配される方も多いかもしれませんが、等間隔でポジション取るEAよりも平均取得単価が有利にはたらき、利確や含み損においても有利になることが理解できるかと思います。

※ロジックの性質上、口座に入金されているお金が全損する可能性がございます。こまめに出金をお願いします。

デモ口座

すべて10,000ドル開始、0.02lotです。

※閲覧以外の目的で利用しないでください。最近デモ口座の挙動を他のプログラムから読み取る例をよく見受けられます。発覚した場合、デモ口座を即座に停止いたします。皆様の不利益にならないようご理解のほどお願いいたします。

ブローカー 口座番号 パスワード サーバー
XMTrading standard 23760983 zaq1xsw2 XMTrading-Demo 3
XMTrading standard
(stop vix rate, stop vix point, stop economic indicatorいずれもfalse設定)
23761741 zaq1xsw2 XMTrading-Demo 3
Exness standard 95027160 zaq1xsw2 Exness-Trial
TitanFX standard 20541428 zaq1xsw2 TitanFX-Demo01
ThreeTrader PURE 8605631 zaq1xsw2 ThreeTrader-Demo

パラメータ

パラメータ名 説明
Main First Lots 1ポジションのLotです。
以降ナンピンするたびにFirst Lotsが加算されていきます。
例えば0.02なら
0.02, 0.04, 0.06, 0.08…
と可算されていきます。
ボラティリティに応じてナンピンがされない場合があり、Step Pipsを2倍以上超えた場合、その倍率に応じてロットが変動します。
Main Start Hour Main First Lotsの適用開始時間です。
Main End Hour Main First Lotsの適用終了時間です。
Other First Lots 上記時間外のFirst Lotsです
Stop First Order true: 1ポジション目のエントリーを行いません。安全にEAを止めたい場合はtrueにしてください。
false: 1ポジション目のエントリー行います。
Slippage スリッページ。単位はポイントです。
Max Spread スプレッド。単位はPipsです。
Max Lots 1回の注文でできる最大のロット数です。相場状況によりナンピンがスキップされて、発注しなければならないロット数がこの値を超えた場合分割して発注されます。この設定値はブローカー毎にある1回て発注できる最大ロットの規制を回避するためのものです。
例: Max Lots: 9.99で発注ロットが15の場合
1. 9.99lot
2. 5.01lot
とし2つの注文が発注される。
Max Pips 初回ポジションからXpips以上離れた場合、ポジションを持ちません。デフォルトは十分大きい値になっています。
Pips Stop Loss 初回ポジションからXpips以上離れた場合、該当方向の強制的にポジションを決済します。デフォルトは十分大きい値になっています。
Max Position 該当ポジション数になったらそれ以上ポジションを持ちません。デフォルトは十分大きい値になっています。
Num Position Stop Loss 例えば「Num Positions Stop Loss」が9だとすると、10ナンピン目を注文する価格で該当方向のポジションを全決済します。デフォルトは十分大きい値になっています。
Take Profit Pips 平均取得単価 +X Pipsで利確
デフォルトは15pipsです。
Step Pips ナンピン幅
デフォルト15Pipsです。
Max Lots Amount BE デフォルト55倍です。合計ロット数が初期ロットに対して55倍以上に達した場合、利確が「Take Profit Pips」ではなく「Take Profit BE Pips」が採用されます
チャートの左上にbuyの合計ロットと初期ロットに対しての倍率、sellの合計ロットと初期ロットに対しての倍率が記載されていますのでそちらを参考にしてください。
Take Profit BE Pips デフォルト1.0pipsです。合計ポジション数が初期ロットに対して「Max Lots Amount BE」倍に到達した場合、利確が「Take Profit Pips」ではなく「Take Profit BE Pips」が採用されます
Max Lots Amount Change Step Pips デフォルト66倍です。合計ロット数が初期ロットに対して66倍以上に達した場合、
ナンピン幅が「Step Pips」ではなく「Step Pips After Change」が採用されます。
Step Pips After Change デフォルト30pipsです。合計ロット数が初期ロットに対して66倍以上に達した場合、
ナンピン幅が「Step Pips」ではなく「Step Pips After Change」が採用されます。
Magic Number1 マジックナンバー1です。1つのMT4アプリに複数EAを動作させる場合、それと異なる値を入力してください。
Magic Number2 マジックナンバー2です。1つのMT4アプリに複数EAを動作させる場合、それと異なる値を入力してください。
Magic Number3 マジックナンバー3です。1つのMT4アプリに複数EAを動作させる場合、それと異なる値を入力してください。
Additioal Functions By Limit Order true: 指値注文による特殊機能をオンにします。

 

  • Sell Limit: ショートポジションを全決済します
  • Buy Limit: ロングポジションを全決済します
  • Sell Stop: 初回エントリを持たなくなります
  • Buy Stop: 初回エントリを持ちます

false: 指値注文による特殊機能をオフにします。

複雑な機能ですので詳細はこちらをご確認ください

Hide Objects trueの場合、チャート上に表示されるVIXや経済指標などのテキストを非表示にします。
falseの場合、表示されます。
ここで表記される時間はYour GMTに依存します。
Lang Type 経済指標などのチャート上に表示されるテキストの言語設定です。
Stop Economic Indicators true: チャート上に表示されている米国の重要経済指標発表時間を基準として「Stop Economic Indicators Before Min」分〜「Stop Economic Indicators After Min」分は新規ポジションを持ちません。デフォルトは発表6時間前(360分前)から発表後30分後までです。
Stop Vix Point true: 「Vix Point」以上のVIX値到達した場合、新規ポジションを持ちません。デフォルトは32.0です
※VIXとは恐怖指数とよばれ株式市場に対する投資家の心理状態を数値で表したものです。
Stop Vix Rate true: 「Vix Rate」以上のVIX値上昇率に到達した場合、新規ポジションを持ちません。デフォルトは5%です
※VIXとは恐怖指数とよばれ株式市場に対する投資家の心理状態を数値で表したものです。
Entry XXX true: XXX曜日の1ポジション目のエントリーをします
false: XXX曜日の1ポジション目のエントリーをしません
ここでのタイムゾーンは「Your GMT」に依存します
Start Hour XXX XXX曜日のエントリー開始時間
ここでのタイムゾーンは「Your GMT」に依存します
End Hour XXX XXX曜日のエントリー終了時間
ここでのタイムゾーンは「Your GMT」に依存します
Brokers Summer Time Type 利用しているブローカーのサマータイムのタイプを設定します。バックテスト用です。
First Position Type 最初のポジションをLongのみにするかShortのみにするか、両方にするか選択できます。(既にポジションを持っている場合はナンピンを行います)
Brokers GMT ブローカーの冬時間のGMTを設定します。バックテスト用です。
Your GMT お住まいのGMTを設定します。
Password パスワードです。正しく設定されるとEAは動作します。

バックテスト

期間: 2021/01/01〜2022/10/31

0.01lot

VIXや経済指標時の停止パラメータについて

デフォルトでは

  • VIXで32以上で停止
  • VIXで前日より5%以上上昇で停止
  • 米国重要指標発表の6時間前から30分後まで停止

となっております。こちらは都度外部から情報を取得しているためバックテストに反映させることができません。
定性的にはボラティリティが大きくなるため止めたほうが良いとわかりますが、定量評価ができておりません。
止めることの弊害として、本来獲得すべき利益を獲得できなかったりすることもありますので、自己判断でオン・オフ選択してください。

含み損

上記バックテスト時(0.01lot)のデータを元に初回エントリから決済されるまでを1グループとした時の含み損を集計しました。
こちらの含み損は1グループの最大ポジションエントリ時の値のため、実際の値は少し上振れする可能性があります。

含み損分布

この結果から例えば2500ドルの証拠金があると、98.78%のエントリは含み損20%以内に収まることがわかりますが、0.08%のエントリーは2500ドルを超えています。

平均値

58ドル

中央値

6ドル

ランキング

count_of_positions: ポジション数
dd pips: 最初と最後のポジションの価格差(pips)
Position Holding Period(min): 最初と最後のポジションの時間差(分)
dd: 最後のポジション保有時の含み損(ドル)
order_type: 注文タイプ
ordered_at: 最初のポジション時間(GMT+0)

初回エントリから決済されるまでを1グループとした時5,589グループあるため、1/5589の割合で4,585ドル含み損があったことになります。

Pips

平均値

53pips

中央値

36pips

ランキング

1位が444.5pipsですので、初回エントリから決済されるまでを1グループとした時5,589グループあるため、1/5589の割合で44ドル動いていることになります。

ポジション保有時間

平均値

156分

中央値

70分

ランキング

1位が5184分ですので、初回エントリから決済されるまでを1グループとした時5,589グループあるため、1/5589の割合で3日強保持していることになります。

金鳥MarkIIとの比較

期間: 2021/01/01〜2022/10/31

0.01lot

金鳥Mark3と同一期間、同一ロットで金鳥MarkIIもバックテストをとってみました。

金鳥MarkIIのドローダウンランキング

EA名 獲得利益 含み損 最大値 含み損 平均値 含み損 中央値
金鳥MarkII 30,921.68ドル 10714.94ドル 48ドル 5ドル
金鳥Mark3 38,117.15ドル 4,585ドル 58ドル 6ドル
EA名 Pips 最大値 Pips 平均値 Pips 中央値
金鳥MarkII 556pips 53pips 34pips
金鳥Mark3 444pips 53pips 36pips
EA名 保持時間 最大値 保持時間 平均値 保持時間 中央値
金鳥MarkII 5,574分 123分 44分
金鳥Mark3 5,184分 156分 70分

よくある質問

Q. パラメータはいつ反映されますか?

A. 設定後即時反映されます。例えばTake Profit Pipsを5.0 => 6.0に変更した場合、即座にすべてのポジションのTake Profit Pipsの変更リクエストをブローカーに送ります。

Q. 持っているポジションを一つ手動で決済しました。Take Profitは自動で変更されますか?

A. 手動で決済した場合は、Take Profitは自動で変更されません。
自動で変更したい場合は、

チャートのニコちゃんマークをクリック => パラメータ設定画面でなにも変更せずに「OK」を押下。

するとすべてのポジションに対して正しくTake Profitが設定されます。

Q. EAが動きません

A. 何らかの理由ででプロセスが停止している可能性がございます。
以下をご確認ください。

1. チャートの右上はニコちゃんマークになっているかご確認ください。
2. チャートの左上に「Ready to Order.」と表示されているかご確認ください。
3. WindowsMT4アプリの下部のナビゲーションペインにある「操作履歴」、「エキスパート」にログが表示されているので、確認してみてください。例えばログに「investor mode」と表示されていたら、読み取り専用のパスワードでログインしているので注文ができるパスワードで再ログインしてください。
4. 上記で解決できなければWindowsMT4アプリを再起動してください。